ビジネスフォンとは何か

>

ビジネスフォンは中古と新品どちらにするべきか

新品のメリット

新品を導入することのメリットについて見ていきたいと思います。
新品のビジネスフォンは中古のもの比べると導入する際のコストが多くかかってしまうというデメリットが存在します。
しかし、その分新品のビジネスフォンにはメリットも存在します。

例えば、以前別の人がしようしていた訳ではないので、セキュリティ面でのリスクをより小さなものにすることができるというものがあります。
社外秘の重要な情報を社外に漏洩するリスクは、企業にとって大変重要なものです。
新品のビジネスフォンを導入することでこうしたリスクを避けることができます。

また、新品のビジネスフォンの故障リスクは中古のそれよりもの小さなものです。
これも新品のビジネスフォンの持つメリットの1つです。

中古のメリット

先程見ましたとおり、中古のビジネスフォンにはセキュリティ面や故障リスクの面において多少のデメリットが存在していました。

しかしながら、コストパフォーマンス面においては中古品のビジネスフォンには大きなメリットがあります。
なぜなら、中古品のビジネスフォンは新品のものと比べて一定割合のディスカウントがされることが一般的だからです。
企業のオフィス全体にビジネスフォンを導入するとなると、規模の大きなオフィスであれば特に大きなコストになってしまいます。
ですので、中古品のビジネスフォンを選択することでコストを削減することができます。

新品と中古にはそれぞれデメリットとメリットがあるので、これらを総合的に勘案してどちらにするか決定するのが良いです。